自分の「本当にやりたい事」「夢」を探したい

先日、ブロガーズフェスティバルというイベントで、はらぺこグリズリーの特化ブログ講座を聞いた

彼は美味しい料理を食べるのが好きで、じゃあ自分が料理が出来れば一生美味しい料理食べられるじゃん! という思考の元、料理好きになったという愉快な奴だ

その「好きである事」を原動力に、戦略を立てて、ぶれない方向性を決めた料理ブログ(はらぺこグリズリーの料理ブログ)は人気ブログとなり、そのまま書籍化までして、20万部とか売れた。おいおい20万部って

彼の言う事はとても良く理解出来た

それが好きであれば、本来なら辛くて嫌になる作業も行える。つまり、コンテンツを突き詰めることが出来るのだ。コンテンツを突き詰めると、そう簡単に人には真似出来ないものが生まれる。結果的にそれは自分の成果物になる

この考えは本当に良くわかる

例えば、僕は昔とあるカードゲームにはまっていたが、数千種類以上あるカード全てのテキストを把握していた。まれにマイナー過ぎてわからないカードはあったかもしれないが、それでもやはりそのほとんどを把握していた

そして、それを負担に思ったことは無い。ただ毎日毎日カードゲームをして、家に帰ってはレシピを研究し、自分で考えては壊し、試行錯誤し続けた結果そうなった

全くそのカードゲームを好きじゃない人に「今からこの1000枚のカードの効果全部覚えて」と言っても、それはもうただただ苦痛だし、ほとんどの人はやらないだろう。でも、好きであればそんなことは苦でも何でもないのだ

何故なら全てのプールを知らなければ、最適なデッキは組めないからである

話が大分それたが、「好きである事」「自分にとって楽しい事」の原動力はとんでも無いものがある。そして、突き詰めていけばそれはコンテンツとしてもとても良い物になるはずだ

何はともあれ非常に共感した自分は、収益も何も関係ない「好きな事を突き詰めた特化ブログ」を作りたいと思った

 

しかし、そのテーマが無いのである

 

自分には、そういったいわゆる「本当にやりたい事」を見つけられていなかったのだ

強いて言うのであれば、僕は文章を書くのがとても好きだ。だから、特化とか雑記とか関係なく、ブログを書きまくる事でその欲求は満たされていることになってしまう。ある意味最強だが、ある意味むなしい

そうなってくると、僕が特化で語る事が出来るコンテンツはブログ論になってくる。まあ正直それはそれでよいのだ。ブログに関するコンテンツをまとめたブログ特化サイトでもそれで良いのかなぁ~~~という想いもある

確かに自分はブログが最高に好きだし、語る事も多いと思う。しかし、ブログをここまで書いていて気付いたことに、ブログの可能性がある

ブログは世界に自分がやっていることを発信できる最高のツールだ。そのツールの使い方や有用性を説くサイトも良いのだが、何かそれって勿体ないなと思うのだ

しかし、自分には今、他に夢中になっているものが無い。今の暮らしに不満は無いし、っていうか最高にハッピーとすら思っているが、やはり何かに夢中になる事は、とても楽しいのだ

人生において、その楽しさを捨てるにはあまりにも惜しい

そして、今の自分はそれを追える立場にある。やらないといけない事なんてほとんどなく、「やりたい事」だけを追求出来る

それなら、どんなに小さなことでも「あ、やりたいな」と思ったらそれをやろうと思う

そんなふとしたきっかけで始めたことに、大ハマり出来るかもしれない

大ハマりさえ出来ればあとはこっちのものだ。何故なら僕は発信のツールの使い方をそれなりに熟知していて、なんと既に見てくれている人もいるのだから

自分がハマって、成長していく様子を、何かに到達する様子を、ドラマのように伝えることがきっと出来る

 

 

まだ仕事を辞めて1ヵ月

今までは、人生において「やらないといけない事」が多すぎた

「やりたい事」を探さない言い訳があまりにも充実していた

だからこそ、いつしか「やりたい事」を失ってしまっていたのかもしれない

でも、今の自分にもう障壁は無い

自分探しというわけではないけれど、興味ある事には何でも手を出して、そして願わくば何かに徹底的にハマってみようと思う

このブログは、その「何か」を探すための、第一歩のきっかけ探しのためのブログだ。趣味でも旅行でも遊びでも、何か挑戦をするたびに、ここに記していけたらなと思う

 

そんな感じ!

おわりっ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自分のやりたい事がようやくわかったと思う

「場所と時間に捉われずに働く」事のメリットが、飛行機の欠航・遅延時に超現れた

「好感をちゃんと伝える事が出来る」のは最早スキルである

「ちゃんと書かないといけないな」と思った瞬間手が止まった。あかんわこれ

ブロガーの有料サロンについて思ってる事

全ての「情報」は自分で噛み砕いて初めて血肉になる