自分のやりたい事がようやくわかったと思う

先日RABというアニソンダンスのグループのライブを見に行ったのだけど、それが最高に面白かった

詳細は別記事で書くが、何はともあれその場で自分は「自分がやりたい事、これだ!」という閃きがあった

過去にも悩んだ記事を書いたことがあったが、自分はやりたい事が無いと思っていた

先日、ブロガーズフェスティバルというイベントで、はらぺこグリズリーの特化ブログ講座を聞いた 彼は美味しい料理を食べるのが好きで、じゃあ自分...

のんびりとした生活も好きだけど、情熱をもって何かに打ち込みたいなと強く思っていた

でも実際のところ、そんなもん本当に見つかるんかいな、とか思いながら、何故かテニスを始めたり、オカリナ吹いたりしてた(となりのトトロが吹けるようになりました)

それが、ガツーンと見つかった

ただ単に好きなダンスグループを見に行っただけで、こうも影響されるのだから、「興味あるものに色々手を出してみる」という方針は正しいようだ

予防線を張っておくと、それが「本当に自分のやりたい事」なのかどうかはまだわからない。だってまだやってないからね。やらなきゃわからん

でも、「これなら絶対に注力出来る!」という良くわからない自信はある。こういうのは初めてだ

だから、ひとまず色々とやってみようと思う。「やっぱ違うな」と思ったら、また色々と手を出してみればいいだけだ

エンターテイメントが好き

僕は、人を笑わせたり元気にさせたりするのがとても好きだ

そして、それを既にやってる人も超好きだ(自分が特に「この人好きだ!」って思う人はやはりエンターテイメントの属性を持ってる事が多かった)

文章を書き始めたきっかけも友達が笑うからだし、ブログをお金貰えるってしらないまま100記事以上も書いていたのもそのためだった

 

ただ見てるだけで面白くて、笑えて、辛いときも元気が出る。

 

これだ!! と

自分は、これが好きだと心から思った

そして、それを自分でやりたいと思った

ツイートした通り、実はこの結論は就職活動での自己分析で既に出していた

自分の進路、自分なりに考えて得た結論だったが、見ての通りエンターテイメントは就活においては主にパチンコ店の事を指す。やだよ、パチンコ嫌いだよ。うるさいもん

結局現実的に考えて、現実的にくいっぱぐれる心配が無いような電気電子を学んで、まあまず安泰と思われる自動車業界に入った

しかし、自分の中のエンターテイメント欲を捨てきれずに始めたのがヒトデ祭りなんだと今なら思う(後付けだけど)

そうやってヒトデ祭りにもファンがついて、コメントやメール

毎日会社に行く前に読んでいます!

読むと元気になるから好きです

面白いブログで、落ち込んだ時も励まされます!

といったような、まさに求めていた反応を得ることが出来ていた

しかし、ヒトデ祭りの方向性はブレにブレる

もちろん楽しんで書いているし、楽しんで読んでくれる人もたくさんいる(本当にありがたい)

しかし見る人が増えるにつれて、初期の頃に書いていたいわゆる「ネタ記事」が書けなくなっていた。批判が怖いというより、がっかりされるのが怖くなったのだ

方向性が微妙にズレていき、それでもブログは伸び続け、新たな応援してくれる人もたくさん現れた。結果的に会社を辞めるほどの収入を得た。これは非常に良かったと思っている。好きな文章を書くことで生きていけるだけの基盤が既にある。最高だ

そして、この方向性がブレた事が悪いとは思っていない

余計なことを考えずにソコに注力出来る基盤を手にしたからだ

普通だったらエンターテイメントをやりたいからまずそういう会社に入って……みたいな話になる。そうでなくても生きていくためにはお金がいるのだから、バイトなりなんなりする必要があるだろう。色々な縛りが発生する

しかし、今の自分にはそれが無い!!!! 最強じゃん!!!! ましてや既に応援してくれる読者もいる。え!!!最強じゃん!!!!! エンタメにおける初動ってめっちゃ苦労するもんな!!!! 俺も初めてニコ生やった時30分一人で喋ってたからね!!!

つまり、自分にはその基盤があるということだ。後はやるだけ。うはktkr

ちなみにブログはエンターテイメントに出来ると思う。そうしている人を知っているし、自分のブログだって今は中途半端だが、いくらかエンタメの要素はあるはずだ

何をやるか、それが問題だ

結局こうなる

自分が最高のエンターテイメントだと思うのは

笑い+技術+ドラマ性

だ。もちろん単純に面白い事をするだけでも人は楽しいのだが、そこに「超絶技巧」みたいなのが加わるとより声が上がるし、ドラマ性が足されると感動に繋がる

めっちゃ凄い事やってるのに、すげーネタに振ってるとか。滅茶苦茶な漫画なのに、急に滅茶苦茶上手い絵になるとか、そういうのいいよね!

そしてそういう意味でRABはとても凄い(これに関しては別記事で書く!たぶん!)

でも俺に技術とかないじゃん……。うーむ……

さて、何故こんなクソ中途半端な状態でこの記事を書いているのかというと、1つは単純に今ゴッと燃えたこの昂ぶりを残しておきたかった事

もう1つは単純に同じような考えの人とかいねーかな、っていう意味での発信です

既に「俺はこんな事やってるぜ!」っていうのあったら教えてね。あとクラファンとかも普通に支援するんで面白いエンタメ系の事やってる人は教えてください(全部を約束は出来ないけど)

一般的に正しい定義かはわからないけど、自分がやりたい「エンターテイメント」の条件は

ただ見てるだけで面白くて、笑えて、辛いときも元気が出る。

これだけ!!

やっぱりまずは文章かな~~~~~。面白さを追求した記事とかやっぱり書いてみたいな~~~~~

あとは動画配信も興味あるんだよね。動画作成は技術的に厳しいけど、配信ならいける。昔自分のやってたニコ生は「wwwww」みたいなコメントが飛び交ってて、規模こそ小さいけど今思えばあれはかなりエンタメだった。「1回倒されるたびに1000円募金するスプラトゥーン放送」とか楽しそうじゃない?? あ、俺がスプラトゥーンやりたいだけか

というわけで色々考えているYO!という話でした

そんな感じ!

おわりっ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

全ての「情報」は自分で噛み砕いて初めて血肉になる

大人になるにつれて「猛烈に欲しいモノ」が無くなっていく寂しさと生産の事

ブロガーの有料サロンについて思ってる事

どうやら「ラッキーな人」になるには知識が必要らしい(ブロフェスLTより)

仕事辞めても作業量全然増えないワロタ

「場所と時間に捉われずに働く」事のメリットが、飛行機の欠航・遅延時に超現れた