「面白い人とちゃんと話すために頑張る」というモチベーションを手にしました

ブログ始めてから色々な人と出会います

面白いと感じる人が本当に多いです。この面白いはお笑い芸人的な面白いではなくて、興味深いとかそういう、い、いんたれすてぃんぐ的な面白さです

で、何でそんな面白い人が、僕と会ってくれるかって言うと、僕が面白いからだと思うんですね

いや、調子乗ってるとかそういんじゃなくて

(一応)ブログという分野で一度ガンと突き抜けて、今ブログ書いて生きてる27歳

ちょっと面白いじゃん、それっていう

そんで、面白い人と付き合うためには、面白い話をする必要があるじゃないすか?

面白い話、つまり、相手にとって興味深い話をするために「何か」をやっている必要があるんですよ

初めて会った人なら「俺のここまでの歴史大発表」で充分面白がってくれるとは思うんですけど、2回目、3回目以降はどうでしょう?

「今の面白い自分」に胡坐をかいて何もしてなかったら、「会うたびに面白い人」が僕と話すメリットとか無いじゃないですか?

やっぱり何か新しく(もしくはより良くするために)、色々なことに挑戦したり、失敗したりしてるから面白いんだなって思います

同級生とかと久しぶりに会うと、思い出話に花が咲いて面白いです。今まで何してたの? みたいな。でも、それが定期的に会うようになって、「またその思い出話かいな」ってなると途端に面白くない。前回会ってから今までで何か無かったのかい??ってなる

ってことは、自分が「面白いやつ」でいるためには、そういうことをしていく必要があると思うんです

「相談」は「何かやってるから」こそ面白い

もう1個、別分野で凄い人とかと会った時にも凄くこれ感じます

別分野の凄い人とかと会う機会があった時、自分が何かに挑戦していたら相談出来るじゃないですか

それも、深く自分で何度も何度も考えている事を相談出来るんです。薄っぺらい、表面的な「何でそんなすごくなれたんですか?」みたいな、そういう相談と違って面白いじゃないですか

今、自分はこんな目標(理想)があって、そのために日々こんなことをしてます

そういう話聞くのって面白く無いですか? 僕は楽しいです

そんで、そういう深く深く考えたことに、自分の想定外の人のバチッとして考えがスパークして面白い事がおきたりするわけじゃないですか

もう想像しただけで楽しい。楽しいよ。それ。「い、いやぁ、今日は暑いですね。ハハ、ここの料理美味しいですね」みたいな遠回り遠回りの会話、辛いじゃないですか

だから、やっぱり「面白い人」と話すために、まずは自分が面白くなる。面白い話が出来るように、「今こんなことをしていて、この前はこんなことを試したらこうなったんですよ」そんなことを言えるようになりたいと思いました

もちろん

「面白い人と付き合うためだけ」に頑張る

なんていうのは本末転倒なんですが、モチベーションの1つとしては悪く無いなと思いました

面白い人達と面白い話をするために頑張る。これって結構良いよねと思います

そんな感じ!

おわりつ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

場所に捉われない仕事をしてるけど、だからって旅行中に仕事したくねぇ

NO IMAGE

コワーキングスペースでず~~~~っと喋ってるアホへ

大人になるにつれて「猛烈に欲しいモノ」が無くなっていく寂しさと生産の事

自分のやりたい事がようやくわかったと思う

NO IMAGE

いなフリに1ヵ月行って感じてることの殴り書き

NO IMAGE

コワーキングスペースをやりたいわけでは無かったのかな?という話とゴウちゃんの話