ブロガーの有料サロンについて思ってる事

何かと話題なブロガーの有料サロン

先に結論を言うのであれば

サロンを批判する気も無いが、自分でやる気も一切無い

その辺の事について書いていこうと思いまーす

ブログの有料サロンに入る意味とは?

とりあえずはここから

僕が思うにここのメインは「横のつながり」なんじゃないだろうか

ようするに同じような志持ってる人と繋がれる事が出来るよ! みたいな。あと自分が崇めてるトップブロガーにも目をかけて貰えるのもそうかな?

また、これはサロンにもよると思うが、ブログについて初心者が迷うあれこれはコンテンツとして置いてくれてあったり、質問に応えてもらえる。これは普通に良いんじゃないかなと思う

前提として、大抵の事はググったらわかる。僕もここまで来るのにサロン等に頼ったことは無い

でもまあ、ネットの情報は精査するのが面倒だし、何が正しいのかもイマイチわからない

それならその辺のコストの変わりに月にいくらか払うのは合理的だなと思う

ただし、ほとんどの人はそういう質問をしないし、なんなら記事すら書いてない人もたくさんいるのも事実。コレに関しては良くわからない。お金払ってるならもっと聞けばいいのに

ブログサロンはお金儲け目的なのか

ブログサロンでよく見る批判は

「初心者を食い物にしてる! 詐欺だ!」

というもの

個人的にはこれには「?」と思う

もちろん月に何万円、何十万円もするような物は別だが、ぶっちゃけ金目的でサロンって全然割に合わないと思います

というのも、ひたすら放置しているサロンならともかく、ブロガーがやっているコミュニケーションを重視したサロン運営は結構面倒で、手間もかかる。初心者が対象なら尚更

お金だけだと、そこを導入に色々売りつけまくるとかいうたわけはともかく、サロン運営だけだと普通に割に合わないって思います

そうなると、やっぱり色々な人と繋がるみたいな所がサロン主にとってもメリットになってくると思うんですが、それだとサロン主はお金もらえるからともかく、参加する側からしたら既にスキルが有る人は「有料サロンじゃ無いほうが良いじゃん」って思ってしまいます。コレに関しては後で

あと、金額云々ではなく、収入の幅を広げる目的では? とか聞かれると「それもあるか・・・・・・」とも思える

自分がサロンをやらない理由

良く「ヒトデサロンまだ?」みたいな話も聞くのだけれど、初めに書いたように

割に合わないのでやりません

数人に教えるだけでも精一杯だし、コミュニティの運営って絶対面倒だし、っていうか飽きて放置しそう

そして、横のつながりは既に持っているし、気になる人には自分から声をかけて絡みにいくのでそこも必要ありません

情報共有とかも、言うならば自分と同じように頑張ってる人達とクローズな場で既にやっているので、サロンにあえて入ってやる必要は無いです

言うならばその集まりが既にサロンですね。無料だし、誰が上とかそういうのも無いけど

また、いくつかのサロンに「無料で良いから入って!」という風に声をかけて頂いて、実際に入ったりした事もあるのですが、どうしても自分の場合だと「教える側」である事を求められて少し息苦しく感じてしまいます。

自分が一方的に与える立場になっちゃうんですよね。それが自分のサロンで、サロン生からお金を貰っているならそれもいいですが、そういうわけでは無いですからね

そうなると、結局同じように意見をぶつけ合える人達と、こっそりとグループで話合ってた方が良いなぁって思ってしまいます

お互いに得た情報や、検証の結果を共有しあって、意見を言い合って、お互いが伸びていく。そんな関係こそが最高だと思っています。自分はそれを一部では出来ていますが、いわゆるサロンでこれをやるのははっきり言って難しいと思います

ザッと見てきた感じでは、サロン主がまずそこまでおおっぴらに出来てないように感じるからです。でもこれは無理も無くて、そうすると「ただ単に情報目的」の人が入ってきて、その人達に知れ渡ってしまうと、結構不利益を被ります

そして、サロン主がそれをやるのは前提として、それが出来たとしてもサロン生が皆そうやってくれるとは限りません

有る程度腹を割って話せる関係じゃないと、自分の情報も何処まで出して良いのか見極めないと怖いです

そして、同じお金を払ってるのに、自分ばかりが情報やノウハウを出して、聞いてるだけの人がたくさんいる! って状態は最悪です

それなら結局、自分だけお金を払うんじゃなくて、信頼しあえる人同士でそれやれば良いじゃん

ってなるわけです

まとめ

一気に書いてると取りとめがなくなるけど、それが許されるのがこの雑記ブログである

個人的なまとめとしては

  • ノウハウが手軽に欲しい人
  • 好きなブロガーに直接教わりたい人
  • 自分に与えられる物が無いけどつながりが欲しい人

とかにはとても良いんじゃないかなぁって思います

基本的に右も左もわからないけど、自分で調べるのはダリィって初心者の方向けかなって思います(でもそういう人が今後伸びるかと聞かれると・・・・・・)

そして、サロン運営は結構面倒だし、コミュニティ運営にお金を取るのは普通だと思います。場作りって面倒ですからね。それを変わりにやってくれるっていうのは普通にありがたい事なんじゃないかなって思います

あと、ぶっちゃけ参加者が納得してるなら何でもいいんですよ

そりゃ騙してたら駄目だけど、事前に「こういうサロンです!」っていうのを見て、それに「入りたい!」って思って入ったなら外野がどうこう言う事では無いと思います。もちろん参加者が批判するのは良いと思いますけどね

というのも、サロンに入る目的って本当に人それぞれですからね。こればかりは入ってない人が何言っても無意味ですよ

まとめると

批判するようなもんでも無いけど、自分でやるのは嫌!

って感じです!

おわりっ

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「好感をちゃんと伝える事が出来る」のは最早スキルである

どうやら「ラッキーな人」になるには知識が必要らしい(ブロフェスLTより)

自分のやりたい事がようやくわかったと思う

「場所と時間に捉われずに働く」事のメリットが、飛行機の欠航・遅延時に超現れた

全ての「情報」は自分で噛み砕いて初めて血肉になる

幸せに生きるために「不安」を取り除き「満足感」を得たい